2016年04月21日

災害時に役立つアプリ(病気・怪我:『家庭の医学』『応急手当』『症状チェック』)

災害時に役立つアプリとして病気や怪我に役立つアプリをご紹介します。
紹介するアプリは、1.『家庭の医学』、2.『応急手当』、3.『症状チェック』です。
『家庭の医学』は、通常価格 1,900円ですが、平成28年熊本地震に伴い「被災者、及び被災者を支えるすべての方の生活にお役に立てていただくため」ということで、期間限定で無償で提供中です。(無償提供期間:2016年4月20日〜2016年5月31日)
『応急手当』と『症状チェック』は無料アプリです。

1.『【新赤本】家庭の医学』:家庭医学辞書アプリです。
特徴
● アクシデントの際、救命・応急手当を見れば即座に対応できます。
● 体に異常を感じたときの対処法、セルフケアなど適切な判断をとれるよう症状別に解説。
● 病気の解説、検査、今後の治療法をわかりやすく解説。
● 薬の知識、妊娠・出産・育児、アンチエイジングなどの最新情報も提供。
● なんとなく不調がつづくと思ったら、チェックシートで健康度を調べられます。

2.『応急手当』:外出先のアクシデントに大活躍 自宅や外出先でのケガや急な体調不良など、さまざまなケースにそった対処法をご紹介しているアプリです。

3.『症状チェック』:「はい」「いいえ」で答えるだけで、気になる症状から考えられる原因や病気、対処法がわかるアプリです。

【防災グッズ】『地震対策30点避難セット 〜避難生活で必要な防災用品をセットした非常持出袋(防災セット)
被災者の声を元に、防災士が厳選した30種類の防災グッズのセットです。玄関やリビングにも違和感なく置けるスタイリッシュなデザインで、2012年度グッドデザイン賞受賞しています。

-
posted by AKI at 21:42 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする