2017年07月15日

Wi-Fiが繋がりにくい時の対策

自宅でWi-Fiを使う場合に、電波の状態は家の広さや材質、障害物などの影響をうけます。利用者の状況で対応方法はわかりますが、ここでは一般的な方法を3つ紹介します。

(1)無線LANルーターと子機の位置関係をみなおす。
無線LANルーターの機種やそれをどんな場所に設置しているかは電波状況に影響しますので、工夫する必要があります。
※無線LANルーターは設置場所に注意
http://kumasystem.info/iPhone3G/iPhone-1530.php

(2)無線LANルーターを交換する。
無線LANルーターを交換すれば改善する場合があります。特に古い機種の場合や利用環境にあってない機種の場合は検討したほうがよいでしょう。
※無線LANルーター買い替えによるメリット
http://dejimonocyou.seesaa.net/article/441229992.html

(3)中継機を使う。
無線LANルーターと子機の間に中継機を置く方法があります。中継機については、(1)のリンク先にも記載があるので参考になるとおもいます。
-
posted by AKI at 01:43 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする