2014年03月01日

FUJITSU スキャナー ScanSnap iX500『FI-IX500』



FI-IX500-C』は、富士通のドキュメントスキャナーです。
パソコンはもちろんスマートフォンやタブレットからも無線で利用でき、ストレスなく書類を電子化できる人気のモデルです。
■ 新開発の画像処理エンジン「GI」プロセッサーを搭載
新開発のデュアルコアCPUを搭載した「GI」プロセッサーを搭載。スキャナ本体での画像処理実現と共に最新インターフェースに対応。
■パソコンとのWi-Fi接続を実現
iX500とパソコンがWi-Fi接続して利用可能。
■ スマートフォン/タブレットと簡単に連携
iX500単独でスマートフォン/タブレットからの読み取りをWi-Fi接続で実現。(専用アプリ「ScanSnap Connect Application」を使って、iPad/iPhone、Android™端末、Kindle Fireで利用できます。)
■ 毎分25枚・50面の高速読み取り
従来製品に比べ、読み取り速度が25%向上。(カラー300dpi読み取り時)
■ 安定した給紙を実現
世界トップシェアの業務用イメージスキャナの給紙技術を継承し、ブレーキローラーによる原稿分離方式を採用。
■ クイックメニューで分かりやすい操作性
「お気に入り」機能と「おすすめ」機能搭載により、すばやく目的のアイコンを選択することが可能。
■ 検索可能なPDFの高速生成
原稿読み取りとOCRの並列処理により、検索可能なPDFを生成する時間が大幅に短縮。
■ 名刺管理ソフト「CardMinder」を刷新・統合
日本語、英語、中国語など11言語の名刺に対応したグローバル版「CardMinder」(Windows/Mac OS)を同梱。
■ SugarSync 10GB(1年間)ライセンスを同梱した特別モデル。
※「FI-IX500-C」紹介動画はここ
※メーカーホームページはここ




【デジモノの最新記事】
posted by AKI at 02:54 | デジモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする