2018年02月24日

「MuseCam」月を撮影できるアプリ



「MuseCam」は、iPhoneで月を綺麗に撮影できるアプリです。
iPhoneで普通に月を撮影しても空に小さな白い光としてしか撮影できません。これは、カメラの「露出」オーバーが原因です。そこで、露出を調整できるアプリを使えば、月の模様まで綺麗に撮影できます。アプリ「MuseCam」にはその機能があるので適切に設定して撮影すれば、月を綺麗に撮影できるわけです。
「MuseCam」を使ってISO感度を低く設定して、月の模様がぼんやりと見える程度のシャッター速度に設定後、月の模様がよく見える焦点距離を調整し撮影やると月を綺麗できます。

露出とは「どれだけ光を当てるか」かということです。次の3つのパラメーターで露出を設定します。
・ISO感度(撮影素子の光を受ける感度の高さ)
・シャッター速度(光を当てる時間の長さ)
・絞り(時間あたりの光の強さ)
具体的には、つぎのように設定します。
(1)アプリを起動し、月をフレームに収め、ISO感度を最小値に設定する。
(2)シャッター速度を「1/250」前後に設定する。
(3)焦点距離を「0.7」前後に設定し、撮影する。
撮影状況や環境に合わせて調整します。
手ブレ防止のためにできれば三脚などでiPhoneを固定して撮影したほうがうまく撮影できると思います。
App StoreMuseCam





【iPhoneの最新記事】
posted by AKI at 17:42 | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする