2018年08月15日

iPhoneカメラで動画撮影時の手ブレ・ゆれ画像を防ぐ方法(スタビライザー)



iPhoneのカメラで動画を撮影するときに注意することは、手ブレやゆれた画像になることです。
歩きながら動画を撮影するときには、どうしてもカメラが揺れてしまうので、揺れた画面になってしまいがちです。
テレビで放送されているビデオにそのような映像をみかけないのは、もちろんプロのカメラマンの腕が良いのもありますが、スタビライザーという揺れ防止の機材を取り付けて防いでいる効果が大きいと思われます。そこで、手ブレ軽減と移動時でも滑らかな動きの動画を撮影できるiPhone対応のスタビライザーをご紹介します。
主な機能
・グリップはデバイスを安全でしっかりと保持するために、三脚マウント、フィルムメーカーグリップ、カメラグリップ、旅行用スタンドとして使えます。
・自身で立つことができるので、他の付属品使わなしでご携帯を安定して保持することができます。
・タイムラプスの映画を撮影でき、写真を楽に編集することができます。
・グリップの上部のねじをねじ込むことによって、必要に応じて違うサイズのデバイスを固定できるようにクリップを自由に調整できます。
・コールドシューマウントが付属しているため、携帯を任意の1/4インチのネジ付きの三脚に取り付けるのに役立ちます。
・ 腕ストラップは、撮影や移動の際に最大のセキュリティを追加できます。
・長期間で使用できるために耐久性のあるプラスチック製です。
・ゴム製のパッドがデバイスを傷から保護することができます。
対応機種:iPhone 7 plus/7/6s/6、Samsung Galaxy S7、Sony、Xperia、Nokia、Lumia Nexusなど幅が2-3.6inch/ 50-92mmの携帯。
購入先「Neewer スタビライザー

※スタビライザーとは:カメラで動画を撮影する際に映像を安定させる補助機材です。カメラを動かしても、カメラを水平に保つ機能が備わっており、スムーズな移動映像が撮影できます。スタビライザーをカメラに着けて撮影すれば、手ブレを抑えるだけでなく、動く被写体を追いながらでも、滑らかで美しい映像を撮影できるます。



posted by AKI at 18:29 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする