2021年11月18日

格安SIMの選び方

通信費を安くしたいのなら、格安SIMがあります。その選び方を御紹介します。

簡単に、格安SIMについて說明します。キャリアは、MNOです。MNOは、自社で回線設備と電波の認可を受けています。MVNOはMNOの電波を借りている通信会社です。MVNOは、格安SIMとも呼ばれます。ただし、UQモバイルやYモバイル、ahamo、povo、LINEMOはキャリアのサブブランドなのですが、プランが安いので格安SIMと呼べることがあります。つまり、格安SIMには、MVNOとMNOの格安SIMがあり、最大の違いは、MNOの格安SIMは通信速度が速いということです。ここでは、この安く携帯電話を維持できる格安SIMの選びかたを説明します。

格安SIMの会社は数百社あるらしいです。ただし、人気があるのは10社ぐらいですので、この中から選択すれば、希望のプランが探し安いと思います。プランを選択するときには、何を重視するか(通信量、価格、通信速度、通話時間、サービス)で選択すれば良いでしょう。通信速度が速く、データ通信量が無制限で、サポート(店舗や電話での対応)が良いのはキャリアになります。

1.通信速度
UQモバイルやYモバイル、ahamo、povo、LINEMOはキャリアのサブブランドなので通信速度も速いです。
MVNOとしは、IIJmioやOCNモバイルONEが速いといわれています。

2.通信量
格安SIMは、基本20GB以下のプランが多いですが、通信量が多いのはつぎのプランです。
(1)楽天モバイル;通信量無制限を月額3,278円で使えます。
(2)mineo;最大1.5Mbpsでデータ通信が使い放題にできるオプションがあります。
(3)donedone;最大3Mbpsで50GB 税込2,728円/月で使え、速度制限時最大1Mbpです。
(4)UQモバイル;25GBを 3,828円/月で使え、速度制限時最大1Mbpです。
(5)Yモバイル;30GBを4,158円/月で使え、速度制限時最大1Mbpです。
(6)ahamo;国内通話5分無料が付いて、20GBで 2,970円で、速度制限時最大1Mbpです。

3.安い
兎に角安いプランを希望する方には、つぎのようなものがあります。
(1)楽天モバイル;データ通信1GB以下なら0円から使えます。
(2)OCNモバイルONE;0.5GB(550円)からのプランがあります。
(3)nuroモバイル;音声通話付きプラン 3GB(792円/月)からのプランがあります。
(4)IIJmio;音声通話対応プランの料金は、月額税込 2GB(858円)からのプランがあり、eSIMプランはさらに安いです。

4.通話が安い
かけ放題が安いプランがあります。
(1)楽天モバイル;かけ放題なのに無料です。
(2)povo2.0;基本料金0円で利用でき、通話トッピングとして「通話かけ放題」税込1,650円/月です。
(3)OCNモバイルONE;オプションの完全かけ放題は、税込1,430円/月です。
(4)IIJmio;オプションの完全かけ放題は、税込1,540円/月です。


5.サービス(サポート)
格安SIMは、ONLINEで利用するのが基本です。
キャリアのサブブランド(ahamo、povo、LINEMO)は、どこも店舗や電話での対応はありません。
UQモバイル、Yモバイルは店舗での対応があります。
IIJmioは、BICSIMというブランドでBICCAMERA店舗での対応があります。

UQモバイル:https://bit.ly/3nidyrr
Y!mobile:https://bit.ly/3neQCcw
OCNモバイルONE:https://bit.ly/3vB5kya
楽天モバイル:https://bit.ly/3wX8X2c
mineo:https://bit.ly/3o0hJsd
IIJmio:https://bit.ly/3qrbH6X
BIGLOBE/donedone:https://bit.ly/3Dwti0W
ahamo:https://bit.ly/3HEYP31
nuroモバイル:https://bit.ly/3vZ4fAn

参照:格安SIMとは?
参照:オススメの格安SIM
-
【日記の最新記事】
posted by AKI at 14:25 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする